2019年6月11日 (火)

whitehead21 渦電流ブレーキによる、ヨー軸制御

whitehead21は、なかなか離陸していただけません。強情なやつです。

いろいろ手を尽くした結果、離陸滑走は最長5m程度は走ってくれるようになりました。

で、いつものように離陸した瞬間、ヨー軸方向にくるりと回ってしまいます。

飛行機の専門家ではないので、原因はさっぱりわかりませんが、切ったり貼ったりしているうちに飛んでくれそうな気がします。

今回は、問題になっているヨー軸に手を加えました。

機体の動きにスティック操作がついていけないので、ジャイロ出力で、2つのモーターの回転を制御します。

最初はジャイロのラダー信号を、モーターの信号にミキサーで接続する方法でトライしましたが、ミキサーの入力のタイミングの問題で、うまく動作してくれませんでした。で、いろいろ考えた結果、渦(うず)電流でモーターの回転に負荷をかけて減速する方法を試してみます。発熱が心配ですが。

動画はこちら

201906110831561

サーボホーンについているのは、磁石です。モーターに近づけて、モーターの外周部にうず電流を発生させ、ブレーキを掛けます。

動画では少しだけ回転数が落ちていますが、フル回転(住宅事情で回せません)ではもっと効いてくるはずだと思っています。

 実機は本当に飛んだのでしようか。ヨー軸の不安定はレプリカ機でもあるみたいですね。

  

2019年6月 3日 (月)

CC LINK LOGGING MANUAL 翻訳

CASTHLE LINKのデータロギングの設定方法の日本語マニュアルが見つからないので、GOOGLEで翻訳した見た。

cc link manual

50%

if the data log buffer is filled above 50% of the maximum amount of logging data available,the controller will erase the data log buffer and start logging from the beginning of memory on power up.

データログバッファが使用可能な最大ログデータ量の50%を超えると、コントローラはデータログバッファを消去し、電源投入時にメモリの先頭からログを開始します。

Always(0%)

the data log buffer is always erased on power up and logging starts from the beginning of memory.

データログバッファは電源投入時に常に消去され、ロギングはメモリの先頭から開始されます。

Disabled (100%)

the data log buffer is never erased on power up and logging starts from the end of the log until memory is full.

データログバッファは電源投入時に消去されることはなく、ログはログの最後からメモリがいっぱいになるまで開始されます。

 

前のバージョンでは、メモリーからあふれ出た古いデータから、消えていくようになっていました。

**% とAlway でPOWER ON時に消えるということは、1フライト1データにしたいということなんでしょうか。

 

2019年5月16日 (木)

A380 飛ばしました。

動画はこちら

予想通りパワーが弱めでしたが、手投げでも離陸できました。

ロール軸の安定はさすがコントラでした。

騒音がやや大きいので、騒音対策することにしました。

P1030523

プッシャー側の音が大きいので、モーター座に振動吸収材を挟み込んでみました。

この青い材料は、地震時にテレビなどがひっくり返らないようにする、粘着シートです。

いつも切り出すのに苦労していましたが、今回、洗剤を少し垂らしてみたら、カッターで簡単に切れました。

切り口もきれいです。

 ついでに二台のモーターの回転差によるうなり音も解消するため、1台のESCで2台のモーターを駆動することとしました。

立上時に同期が外れることがあるので、上空でモーターを止めないよう、アイドルアップを設定しておきます。

 EDFでは何機か飛ばしていますが、プロペラでは初めてなので、ちょっと心配です。

2019年5月13日 (月)

A380 2MOTOR二重反転ユニットに交換

2edfから二重反転プロペラに変更しました。

P1030517

を取り去り、

P1030521

を取り付けました。

kv値が低いので、パワーが不足しているかもしれません。

これが、うまくいったら、この形でスタント機を作ってみようと思います。

whitehead21は、なかなか飛びません。

2019年5月 8日 (水)

whitehead21 駆動系交換

機体が傾くと接地してしまうので、プロペラを小さくしました。それに伴い、モーターを変更しました。

P1030511

スペック表ではオーバーパワーになりますが、離陸しないとなにも始まらないので、まあ、これでいいかと。

P1030513

モーターの定格電流が24A、アンプが22Aなので、冷却を考慮し、escの位置を変更しました。

P1030512

図面を見落とし、滑走時の向かい角が小さかったので、前車輪の直径を大きくしました。とはいっても、スケール通りにすれば、飛べるわけでもないので、あまり意味が無いかもしれません。

マル秘 

ヨー軸の不安定については解決の方法が見つからないので、水平尾翼暗黒面に垂直尾翼をさ・り・げ・な・く取り付けました。

P1030514

これなら誰にもみつからないぞ・・・ 

 

2019年5月 4日 (土)

WHITEHEAD21 地上走行テスト

プロペラと地面が近いため、機体が傾くと、接地してしまいました。

プロペラを短くして、走らせましたが、予想通り、ヨー軸が不安定で、まっすぐ走れません。

動画

Whitehead21_reiwa010504

実機はどうしていたんでしょうね。もう少し調べてみようかな。

 

 

2019年5月 3日 (金)

デジタルカメラ分解清掃してみた DMC-TZ10

買ってから数年で、画像に円形、ミミズ状の影が映るようになったので、買ったところで修理してもらいました。

こんな感じ

P1030499

ところが1年ほどで、同じような状態になり、再び修理。結局保証期間内に4回、修理してもらいました。

それからも映像の汚れは発生し、我慢して使っていましたが、こわれてもいいか、とおもって分解しました。

汚れの原因がイメージセンサーにあるというのは、メーカー修理時に言われていたので、イメージセンサーを探しました。

Dsc00120

ケースはビスで止められているので、意外に簡単でした。

Dsc00118

写真のH10がイメージセンサーです。

結果、ティシュで拭いたら、治りました。

Dsc00123

前ブログの写真は修理後に取りました。きれいです。これからも長く使えそうです。

機体完成wh21

忙しい時期があったため、製作が止まっていましたが、やっと完成しました。まだ、飛んでいません。

P1030500

小さいのは、重心位置を探すために作りました。重心位置を変えながら、手投げします。

P1030506

P1030508

ロール軸は主翼の後端を上下して制御します。

ピッチ軸は大きなエレベータを上下します。

ヨー軸は、ラダーがないので、左右プロペラの回転数を変えて行います。

飛ぶといいんですが。

 

リボンくぐり失敗

昨年は、ポールに激突して、主翼を大破。修復して、今年もこの機体( Extra 300 PNP from HorizonHobby )で挑戦しましたが、ポールの支線に主翼をひっかけてしまい、大破となりました。

P1030510

この機体は、以前所属していたクラブ員からのいただきもので、edf stuntテスト機の母機になったり、切ったり貼ったりして、楽しまさせていただきました。お疲れさまでした。

 

2019年3月 9日 (土)

Whitehead21 形が見えてきた。

ここまでできました。

P1030423
材料はデコパネです。デコパネは固いので、曲面部には使いにくいのですが、運良く、少しやわらかいデコパネ?が手に入りました。製品名はわかりません。
当初胴体を実機同様枠組み+フイルム張りで作る予定でしたが、このやわらかいデコパネが手に入ったので、簡単に作ることができました。
P1030425
全体を接着してしまうと、運搬が大変なので、主翼は取り外し式にします。通常通り、カーボンかんざしにしようと思っていましたが、上反角が作れないので、片持ち、張線指示に、等と考えていましたが、ロール制御はどうするの?
主翼を固定してしまうと、主翼の一部をカットして、エルロン取付になってしまうので、ひねり翼を試してみようと思います。

«A380 初飛行

フォト

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ