2020年12月 4日 (金)

Mythos50e 魔改造でフルサイズ?

久しぶりです。FBを開設しましたので、こちらがおろそかになりました。

WINDS50eを改造するつもりでしたが、胴体作るのが大変なので、(胴体を購入することも考えていましたが)古くなって、運用停止していた、Mithos50eの改造に変更しました。

P1040292

 

動画はこちら

まだ、数回しか飛ばしていないので、よくわかりませんが、翼幅が大きくなって見やすくなったように思います。

 

2020年10月17日 (土)

Coribli2 主翼

Colibri2 作業開始です。主翼を見つけましたが、壊れていました。で、早速修理です。

P1040200

リブが2か所で折れていました。前回製作した、Colibri1の主翼断面の図面があるので、縮尺して使用。

P1040203

P1040208

本日はここまで。フィルムはもっと後で、貼るつもりです。

 

2020年10月15日 (木)

Clibri2 開始

久しぶりの投稿です。

諸事情により、Colibri の試験飛行ができません。でColibri2を作ることにしました。
Colibri1252
まだ、図面作成の段階ですが、推力線か主翼より上にないといけないので、ジェット機好きの僕には、機首部分のデザインが難しいですね。
 主翼は既存の先端部分を延長し、後退角を2度ほど大きくします。水平尾翼は機体側に新設し、新設した部分は機体に固定とします。こうすることで、よくある、水平尾翼のぐらつきを改善できるのではないかとおもいます。
 翼幅1900*全長1900、フルサイズ並みの大きさですが、8CELLでなんとかならんかなぁ。

 

2020年6月25日 (木)

CASTLE TELEMETRY LINK に挑戦

今日はこれに挑戦。

P1030985

1年ほど前に購入。時々暇を見ては挑戦するものの、なかなか働かず、半分 あきらめていました。

ColibriのESCの放熱がちょっと心配になったので、初飛行前に使えないかと再挑戦。

P1030983

結局、YOUTUBEの動画通りに設定してみたら、動きました。

P1030982

受信機 R7008SBのモードをBにすることと、センサーの読み込みを8chで見ると、Castle TL0が見つかりました。

初飛行が楽しみです。

2020年6月21日 (日)

F-22 塗装完成

ここまで出来ました。

P1030961

電装を行っていきます。

2020年6月16日 (火)

ラジコン技術2020/7月号

EAGLE 設計編 という記事を読んでいたら、[ダクデッドファンの筒形状による推力の違い]という表がありました。いつかこの実験をやってみたかったのですが、騒音を出せない環境なので、あきらめていました。とても参考になります。感謝!

排気口を絞る、は私も取り入れていますが、その量は、(根拠ありませんが)モーターハブの断面積分としています。

私も実験してみたいな。

鳥型の飛行機の記事も、まだ飛んでいない(飛ばなかった、ではない)Whitehead21 の参考にできそうです。

一条の光が差し込んできたかも。

 

2020年6月13日 (土)

Foamy F-22 製作開始

本機の製作は確か3回目のはず。最初は9年前でした。rc groups に図面が載っていて、組み立てたら、ぴったり組みあがって、図面の正確さに感動しました。

P1030954

ここまでできました。ゴムダンパーでどのくらい、音量を下げれるかが、最大テーマです。

今回は余分なものはつけないで、軽く仕上げたいと思っています。でも、エレボンだけでは、操作性が不安なので、ラダーもつけることにしました。

P1030956

モーターの口出し線が切れそうです。古いからなぁ。直すか、購入するか。一度、回してみるかぁ。

2020年6月 7日 (日)

Colibri の次は

Colibriの初飛行まで時間があるので、まだ飛んでいない、なかなか飛んでくれていない、whitehead21をもう一度手掛けることにしました。

P1030950

製作開始から、1年3か月ほど。離陸失敗続きの動画を見て、さあーどうしましょうか。

Cilibri モーターの騒音対策 結果

モーターから発生する騒音を低減するため、こんな構造にしました。

P1030935

所属クラブでは、騒音の大きい機体は飛ばさせていただけないので、この点は勝負どころです。

というよりも、当サイトでは、騒音の低減はメインテーマの一つでもあるので、努力のし甲斐があります。

 地上検定では合格を頂きましたので、数か所手を入れて、来週初飛行する予定です。

上空検定で合格するとよいのですが。

 

2020年6月 6日 (土)

Colibri デビュー

飛行場に持っていきました。新型コロナのせいで、県境をまたぐことが出来なくて、およそ、3か月ぶりの出席でした。

P1030949 P1030946 P1030945

地上で全回転してみましたが、モーターの取り付け強度は心配ないようです。騒音も、上空に行けば、相当静かになるような感じです。

静止推力は、機体を垂直に持ち上げ、全回転してみました。手を放しても機体が落ちないので、ほぼ全備重量4200gほど出ているようです。

さすが、二重反転なので、手を放した状態でも安定しています。

電流はモーター2台で100Aを越えてしまったので、測定不可。今考えると1台ずつ測ればよかったんですね。

地上走行は、反応良く、思い通りに走ってくれました。

 問題が1点。カーボン脚が広かって、地上面との距離が20mm程度しかありません。着陸時には間違いなくこすって機体が反転するかもしれません。脚を硬いもの、長いものに取り換えるか、地上面に一番近いところに補助車輪を取り付けるか、なにか考えなくてはいけませんね。

 

«Colibri マークを入れました。

フォト

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ