« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の記事

2011年8月29日 (月)

RC SEADART WATERPROOF RETRACT PLAN

http://homepage3.nifty.com/dendenhiko/3-sea-RETRACT.htm  で公開しました。

一応製作したのですが、ただいま調整中。これが出来たら、2号機の再艤装を始め、出来ればKMA琵琶湖飛行会で、テストしたいのですが。間に合うかなぁ。

2011年8月21日 (日)

ヴェルビエ音楽祭2011

昨晩、お風呂から出て、体を拭いていたら、コクのある?バイオリンの音が聞こえてきました。NHK-BS 「ヴェルビエ音楽祭2011」というのをやっていて、バイオリンソナタ(ベートーヴェンだったかな)が放送されていました。バイオリンの人は知らない人でしたが、ピアノはマルタ-アルゲリッチさんで、なつかしかったです。

短めの曲が次々と演奏されたのですが、さすがに深夜なので、ウトウトしていたら、ユジャ、ワンが出てきたので、目が覚めました。

ユジャ、ワンは動画サイトで、ラベルのラ・ヴァルスの演奏に、大感激したことがあります。現在、私の一押しピアニストです。演奏は何というか、この曲に関してはセクシーですね。既存のピアニストの演奏が全てアーカイブに聞こえます。

今回、ユジャ、ワンと競演したのは、かなりご高齢のヴァイオリニストでした。筋力が衰えて、ボーイングがうまくいかないのか、高齢らしい味を出しているのか解りませんが、一音ずっと鳴らさなくても、立上がりの表情の豊かさで、曲がちゃんと出来ていました。感激しました。

今回もピア判「ラ・ヴァルス」が演奏されました。アルゲリッチと男性のピアノ2台の演奏でしたが、ソロの演奏に比べて、音が濁って聞こえにくかったですね。原曲を知らなかったら、ちょっと苦痛かも。

というわけで、結局最後まで聞いてしまいました。

2011年8月20日 (土)

静かな1日

夏の暑さが急にやわらいだので、飛行場に行って来ました。 

朝、雨が降っていたので、誰もいないのでないかと心配でしたが、ネットの雨雲予想図を見ていたら、止みそうなので、出発。

移動中に早々と雨は止んでしまったので、前の車がうっとうしくなりましたが、安全第一で到着。

だーれもいない------  サポート無しは、離陸禁止

仕方がないので、飛行機を組立、始業点検。誰か来ないかなーーーー。

あれ!キャノピーに養生テープ。[電流測定]と書かれている。なんだっけ--。

全然記憶がない、数週間飛ばしていないから。

思い出さないので、電流を測定、フルスロットルで、アンプの許容電流80Aを越え92A!!

の数値が出たとたん、フリーラン停止。過電流保護が働いてしまいました。

P10100631

よくよく見るとプロペラに傷がない。

プロペラに欠けが目立ってきたので、20mmほどダイヤを大きくしたものに取り換えていたのでした。

アブナイところでした。養生テープ 効果有りました。

で、飛行場には静かな時間が流れたまま。

誰も来なかったので、そのままお帰りでした。

2011年8月15日 (月)

Hydroski assembly2

やっと最終形が見えてきました。ここまで来るのに数回設計、製作し直しました。
P10100561

機体に仮に取り付けた状態。このぐらい低ければ、インテークの邪魔にならないでしょう。

P10100551

もう少しで、assembly 完成 かな。と思ったら、サーボ破損(改造をしくじった)

、で買い直しです。

2011年8月 7日 (日)

初フライト記念日

遅れましたが、8月1日はSEADART 1号機の初フライト記念日でした。

http://www.youtube.com/user/DENDENHIKO#p/u/30/CAgBX8xO3Ns

ラジコン趣味は気が向いたら、飛ばしに行く程度、が何十年も続いていましたが、SEADARTの設計製作を始めてからは、本当に集中した時間を過ごす事が出来ました。

なんと言っても倶楽部の皆さんのご協力のおかげです。有難うございました。

現在も、改良改良!2号機改造改造!!が続いています。

2011年8月 1日 (月)

Hydroski assembly

前回はいきなり機体に取り付けてしまったので、動作の不具合や開角度の変更やらで、手間を食ってしまったので、今回は機体に取り付ける前に、左右のハイドロスキーを一体に組み上げてみました。

P10009811

支点の部分には 、電子ぱーつ屋さんで入手した、ジュラコンジョイントを使います。

P10009751

本来はプリント基板を支える部品です。3mmのタップが切ってあるので、点検蓋やキャノピーを取り付けるアンカーとして使うこともあります。便利です。

ハイドロスキーとサーボとリンケージを一体で組み上げ、機体に取り付ける予定でしたが、重量増と、機体に強度がないので、中止としました。機体に取り付けてから、リンケージを考えます。(きっと又トラぶる)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ