« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

2012年1月31日 (火)

水上機大会申し込みしました。

某 有名水上飛行機大会に参加申込書を送りました。人数制限があるので、参加出来るかどうかまだ解りませんが、チャンスを生かしていきたいと思っています。
参加予定機は、もちろんCONVAIR SEADART ですが、まだ一号機しか飛んでいないので、2号機も早期にめどを付けたいと思っています。 
出来れば、もう一台きれいに(大分痛んでいるので)作って持っていきたいと思っています。

2012年1月30日 (月)

大型発泡機 SPITFIRE

BIGシリーズのSPITFIREを購入、4時間ほどで完成。昨日飛ばしてきました。が、残念なことに着陸コースに入ったところで、強風のためか、操作ミスか 機首から地面に突っ込んでしまいました。
プロペラ・スピンナーは全損でしたが、機体の損傷は軽微で、左側面に小じわが発生し、左側に0.5mmほど曲がった程度でした。

P10105801

ところが最大の被害は内部にありました。アンテナ線をセロテープで機体に固定していたために、衝突の際、受信機がずれて受信機本体から抜けてしまいました。72MHzだったらハンダ付けで即修理可ですが、2.4MHzはシールド線になっていて、さらにPC側は圧接コネクタになっていたため、修理不可でした。安全性を考えるとメーカー修理が適当と判断しました。アンテナ線は、固定せずノイズレスチューブに入れるべきでした。

 

2012年1月28日 (土)

初飛行トライ2

本日、再びF-35トライしましたが、ダメでした。
飛び方を見ていると
①推力が不足している。--850gしかない。底部の点検口を開けた状態で+100g
②ラダーが効いていない---初速の低い手投げ発進では、ちょっと無理かも。

というわけで、
対策①--吸気口を別途、設ける。
対策②--ベクトルラダーにジャイロを取り付ける。

次回は上記の対策を講じた上で、テストを行います。

2012年1月27日 (金)

初飛行トライ

先週の日曜日、朝一番に初飛行トライしました。結果はNG。エルロンにジャイロ付けているのに右へ傾き、草むらへブッシュ。
重心が後ろすぎて大迎角での失速だと判断、重心を前方に変更しましたが、直らず、数回投げている内に機首がもげてアウトとなりました。

P10105361
帰ってからあちこち見ていたら、なんと、ラダーベクトルがやや右に向いているではありませんか。早く気が付くべきでした。

2012年1月12日 (木)

パーツ切り出し終了

110パーセントに拡大した時、板厚を6mmに戻すよう修正しなかったので、白い部分があちこちに。
P10105241

もう3回目の製作なんだから、もう少しミスのない様につくらないかん。
それにしても、重たいな。自重<推力でないと、意味がないからね。

2012年1月11日 (水)

あんまり頑張ろうと思わない方がいい

なかなか離水してくれないシーダート2ですが、もう少し落ち着いて対処しなくてはいけませんね。慌てすぎです。

EDFを強力なものにすれば(例えばTAHMAZO DF80に変更)、飛ぶような気もするんだけど、それは技術的な「負け」を意味すると思うので、このまま、、もう少し、、DF69 Type2で、、頑張るか。

2012年1月 9日 (月)

年始め、早速SEADART

年末、プレーニングに入り、ちょいと浮き上がったので、念願の初飛行が成功すると思ったのですが、何故かプレーニングに入りません。

PHOTO K井氏 thunks!20120108123305

年末プレーニングに入った時に比べるとややパワーが弱いような。電池も暖めてあるのですが。
環境は滑水面、無風、写真のこの角度で、安定してしまいました。重心とハイドロスキーの位置関係をもう一度見直して、パワーが若干少ない時でもプレーニングに入れるような位置を探したいと思います。
幸い、AURORA9送信機には可変レバーが付いていますので、ハイドロスキーの可動範囲を拡げて、テストします。

2012年1月 1日 (日)

Su-37 3号機 製作開始

1号機は、ジャイロの不具合(両面テープがはずれた、おそらく)で、川に墜落。2号機はつい先日、駐機中にもらい事故で破損。で、3回目の製作となりました。インクジェットのA2プリンタで上質紙に印刷した物が保存してあったので、それを使用しました。プリンタはカラー印刷が出来なくなり、修理可能期間も過ぎてしまったので、もう作れません。

P10105021

各パーツを5mm厚のA2スチロール板に貼ったところです。スチロール板は素板が一番軽いのですが、機体サイズを110パーセントに拡大しているので、強度を考え白色を選択しました。かなり重たいです。一枚300円で買える100円ショップのスチロール板は柔らか過ぎると思われるので止めました。

図面はRC Groupから THUNKS!
着色は DENDENHIKO
図面ソフトは「花子12」を使用しました。

明けましておめでとうございます

SEADART2号機について言えば、昨年の前半はすっかり意欲がなくなっていました。水の吸入によるEDFブレードの破損が続き、さらに、飛行禁止要請が出て、テストも出来ない状況に。
倶楽部で飛ばせないなら、どこかの大会に出ようと 琵琶湖水上機大会に出場。1号機離水成功。ここで参加者の皆さんの後押しを受け、再び製作を開始しました。
厳冬期に入って飛行許可が下りたので、テストを再開、現在に至っています。
おそらく2月頃までしか許可が下りないと思うので、今冬中に離水を成功させたいと思っています。
すでに3号機(リトラクタブル シングルハイドロスキー)の計画も立ちつつあります。

でも、あまり急がずゆっくりと進んでいきたいと思っています。20111231105011  PHOTO K井氏 THUNKS!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ