« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014年7月31日 (木)

改修方法が決まらない

あれこれ迷っていてもしょうがないので、破損したインテーク部を作り始めました。
P1010381
補強は今回カーボンティッシュを使ってみました。上に載っているのは、糸ハンダとスプレー缶のふた。ガラスクロスの折り返し部分を押さえています。
疲れました。こんなに暑ければ、明日朝には固まっているでしよう。今日はここまで。お休みなさい。

2014年7月30日 (水)

CC2 再挑戦 開始

LOGをみたら、滑走を初めてすぐ22.4Vまで電圧が下がっていました。電流も50Aしかなく、推力試験時、60A流れていたので、びっくりです。35C 3300mAh 3S*2の構成なので、バッテリーの性能のばらつきが出たのかもしれません。次回は65C3300mAh6Sで挑戦します。
P1010378
さてインテークを作り直すため、保存してあったオス型を出してきましたが、前回の作業時破損しているところがあるので、まずは型の補修です。--先は長いぞ!!

2014年7月28日 (月)

破損状況

こんな感じです。
P1010366

機首から落ちたので、インテーク部がつぶれ、edfが押されて、排気ダクトがくしゃくしゃになりました。主翼は無傷で、丈夫すぎ。あと、問題点、発覚。それはバッテリー。
P1010370

変形してしまいました。取付場所を変更するか、ショックを和らげるような機構を考えてみます。

2014年7月27日 (日)

初飛行 失敗

毎晩遅くまで、製作していたので、ブログがおろそかになってしまいましたが、本日、caproni campini cc2の初フライトを行いました。
Gg

離陸はスムースに行ったのですが、直後、あえなく墜落。
 http://youtu.be/uCfHZmwZ1QY

機首部を破損しました。原因は推力不足、外乱、パイロットの技量不足、機体の不具合等いろいろ考えることが出来ますが、今はよくわかりません。二三日中に結論を出したいと思っています。

2014年7月18日 (金)

バッテリーの搭載

6S1Pではスペースが無いので、3300mAh3S1P2本に分けました。搭載位置はここ。
P1010307

バッテリーの固定と、冷却方法、カバーの取付方法など課題山積。なかなかフライトにたどり着けません。ここで慌てると悲惨な結果になるので、じっくり行こうと思います。山のクラブになかなか行けません。

2014年7月11日 (金)

可変排気ノズルは一時中止

静止推力測定の結果1550gしか出ません。仕方がないので、本機の大きな特徴の一つ、可変排気ダクトを取り去ることにしました。
P1010288

取り去った結果、静止推力は1750gとなりましたが、機体重量の70%しかありません。まだ飛べません、きっと。

2014年7月 9日 (水)

防音箱

話は2週間ほど前になりますが、CC2が組上がっての防音箱を使って推力測定を行おうとしたら、
P1010269

入らない!!! この防音箱は一昨年SEADARTのテスト用に作ったものでした。サイズは内寸≒W900*H600*D600
仕方がないので、再製作しました。サイズは内寸≒W1800*H900*D600。(まだ一部未完成)
P1010282 

扉はスライドして閉めれるようにしました。ところが水平尾翼が入らない!!まだ固定していなかったので、取り外して測定は可能ですが、気が付いていませんでした。いずれ横に倒して使えるようにしたいと思っています。

2014年7月 8日 (火)

静止推力テスト 開始

機器の配置を決めましたので、仮組みして静止推力を測定しました。
P1010278

インテークを取り付けた状態で。最大1090g、とんでもない小さい値です。これでは飛びません。いろいろ試して、1.9kg位は確保したいと思っています。

2014年7月 7日 (月)

RF6 SEADART 背景

SunDiego湾 Convair SLOPE SCENE があるといいのになぁSeadart001

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

フォト

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ