« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の記事

2014年12月21日 (日)

SpitFire Ⅴb floatplane 再開

2年ほど前、初飛行で、墜落したspitfireを再トライしました。前回は水平尾翼の破損で落としてしまったのですが、今回はモーターが脱落するという、事象が発生し、落ちてしまいました。
原因はカウル部とスピンナーが接触し、カウル部が機体とスピンナーに噛み込み、モーターがプロペラと共に脱落してしまいました。

http://youtu.be/YOfxd3m7kWI

機体は回収しましたので、修理を始めました。

P1000731

図面が残っていたので、助かりました。P1000736_2

機首部は、せっかく壊れたので、実機を参考にして、作り直すつもりです。

2014年12月 9日 (火)

ブレードを取替

先日の二回目の離陸を失敗して、EDFのブレードを破損してしまいました。残念なことに同じブレードが手に入らないので、LANDERの90mm用(12BLADE)のものを入手しました。
P1000718

WEMOTECより若干大きいので、外周を削りました。回してみると、同じ電力なら、ほぼ同じ静止推力が出ているようです。が、負荷はかなり大きくなっているようで、スロットルチャンネルのハイ側を下げないと、電源電圧が下がって、LOW VOLTAGE CUT OFFが働いてしまいます。

2014年12月 6日 (土)

Series EDF 断念!

組み上げ後、静止推力の測定を行いましたが、バッテリーの電圧降下が大きくて、全出力を出せませんでした。
(3s3300mAh35c*2と6s3300mAh35cは=ではないみたい) EDFの電源を別にしても、1.3kgしか出ませんでした。
というわけで、この方式は残念ですが断念しました。やっていく過程で、いろいろなことがわかってきたので、良い経験だったと思います。
P1000717
で、初飛行時の90mmEDF*1に戻そうと思っています。

2014年12月 4日 (木)

CC2 初飛行 その後、

初飛行は成功したので、最初の計画に立ち戻りました。最初の計画とは、EDFを直列に2個使うというものです。初飛行時は1EDFでインテークに切り込みを入れて、吸入量を確保しました。その切り込みの形で、音が変わることがわかってこれはこれで大収穫でしたが、小さなインテーク+見えないところの補助インテークで吸入量を確保する方法として考えました。根拠は有りません。何となく出来そうな気がしているだけです。で、現在はこんな風。P1010662
残念ながら、予備テストでも予定の静止推力は得られる見込みがありません。写真の形態での静止推力測定はまだ行っていません。ここから、再出発です。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ