« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の記事

2016年5月17日 (火)

何とか使えそう

なものが出来ました。
P1010227

P1010229
どうしてもガラスクロス(目抜き平織り)にエポキシ樹脂が入らない所があって、穴が出来たり、突起が出たりで、なかなかきれいに出来ませんが、ヤスリとシーラーで何とかなりそう。
 新しく入手した型用エポキシ樹脂もかぶれが出なかったので、ヤレヤレです。
 次は胴体を作りますが、これは泡抜ローラーが使えるので、もう少しましに出来るかも。

2016年5月15日 (日)

intake製作失敗

前回のは型から外したら、巣だらけでした、大失敗。

どうしたらいいのかよく解らなかったのですが、運良く、某ラジコン工房へ訪問させて頂くチャンスがあったので、いろいろ教えていただきました。で、
P1010225
再トライ。明日朝、外してみますが、成功してるといいな。

2016年5月 6日 (金)

F-106A 胴体再製作開始!

まだまだ知らないことが多いので、まず最初にインテークパーツを作り始めました。

P1020212
エポキシが固まったようなので、ガラス板からはずそうとしましたが、はずれません。もっとかちかちに固まってからの方が良さそうです。今日はここまで。

TS-11 ISKRA お疲れ様でした。

ネットをさまよっていたら、この飛行機に出会いました。直線翼が優美で、自作EDF機としてつくりやすそうだったので、製作しました。この後に翼幅1400mm位のサイズで作るつもりでしたが、他のプロジェクトを始めてしまったので、結局ここ止まりとなってしまいました。

調べてみたら、初飛行は2013年でした。ループも出来ない非力な飛行機(製作者が悪い)でしたが、そこそこ楽しませて頂きました。感謝!
P1020208
**TS-11の過去記事は記事、再下段の 日付の右の所をクリックするとソート出来ます。

2016年5月 5日 (木)

RC F-106Aの二枚おろし

P1010224
で、あります。
もともと現用機F-106Aのオス型でありました。現用機F-106Aは当時、技術が相当未熟でしたので、穴有り、凸あり、ぺこぺこなので、機体を再製作する予定でしたが、なかなか時間がとれなくて、そのままになっていました。今回はこの型で、メス型を製作し、それから本体を製作することにしました。
 一般的には半割した型をガラス板に貼り付けて、作るらしいのですが、全長1360mmも有るので、集合材の板で代替しようと思っています。

2016年5月 3日 (火)

3パドル、ベクトル定性試験

手持ちのedfに取り付けて、動作試験をおこないました。

P1010220s
動画はこちら (説得力が不足しています)
構成は、EDF、排気チューブ、3パドル。パドル一台にELVERTORとRUDDERからプログラムミキシングを掛けています。合計6個のP.MIXを使いました。
試験は本体をPPロープでぶら下げるという簡易なものなので、上下左右の動作は確認しましたが、斜め方向の動作の量的なものがよくわかりませんでした。もう少し、きちんとした測定方法を考えたいと思います。
 注意。バトルが機体外部へ突き出しているので、ぶつけて破損しやすいですね。サーボのギアを欠けさせてしまいました。
 排気絞りのテストもしたかったんですが、これは次回行います。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

フォト

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ