カテゴリー「クラッシック音楽」の記事

2011年11月11日 (金)

メトロポリタン オペラ

かなり昔、合唱をやっていた頃、アメリカから来たソリストと第九を歌ったことがありましたが、そのソリストは、(表現が適当ではないかもしれないが)吠えまくるといった感じで、辟易としたことがありました。
最近テレビでメトオペラをよくみかけますが、やっぱり吠えまくっている感じで、好きになれません。TTPに参加するとオペラも自由化するんでしようか。

2011年8月21日 (日)

ヴェルビエ音楽祭2011

昨晩、お風呂から出て、体を拭いていたら、コクのある?バイオリンの音が聞こえてきました。NHK-BS 「ヴェルビエ音楽祭2011」というのをやっていて、バイオリンソナタ(ベートーヴェンだったかな)が放送されていました。バイオリンの人は知らない人でしたが、ピアノはマルタ-アルゲリッチさんで、なつかしかったです。

短めの曲が次々と演奏されたのですが、さすがに深夜なので、ウトウトしていたら、ユジャ、ワンが出てきたので、目が覚めました。

ユジャ、ワンは動画サイトで、ラベルのラ・ヴァルスの演奏に、大感激したことがあります。現在、私の一押しピアニストです。演奏は何というか、この曲に関してはセクシーですね。既存のピアニストの演奏が全てアーカイブに聞こえます。

今回、ユジャ、ワンと競演したのは、かなりご高齢のヴァイオリニストでした。筋力が衰えて、ボーイングがうまくいかないのか、高齢らしい味を出しているのか解りませんが、一音ずっと鳴らさなくても、立上がりの表情の豊かさで、曲がちゃんと出来ていました。感激しました。

今回もピア判「ラ・ヴァルス」が演奏されました。アルゲリッチと男性のピアノ2台の演奏でしたが、ソロの演奏に比べて、音が濁って聞こえにくかったですね。原曲を知らなかったら、ちょっと苦痛かも。

というわけで、結局最後まで聞いてしまいました。

フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ