カテゴリー「coanda 1910」の記事

2020年3月31日 (火)

Coanda 1910 ここらで一息入れよう。

Coanda1910 2号機改は、ここまでできました。

P1030843

P1030844

P1030846

 新設は、機首カウルを含むEDF動力部、追加したのは、エンジン・燃料タンク・前部カウル・操舵輪・ラジエータ・パイロット。

全備重量は1104g となってしまいました。静止推力はノーマルlipoで、980g。

これ以上重量がかさむと、飛べなくなりそうなので、製作はここでストップ。後はいつか3号機を作るときの楽しみとしましょう。

離陸できるかなぁ。ハイレートリポ頼みです。

2020年3月24日 (火)

COANDA1910 No2改 飛ばしに行けないので------2

2020/03/08

機首カウル組み立てました。排気は外周部と内側のコーンの間から出ます。排気の距離が短いので、角度が急になっています。効率はきっと落ちていると思います。

全体として、インテークの面積(リップ先端)=EDF有効面積=排気ダクトの面積 としてみました。根拠はありません。デフォルトとして、ここから始めればよいかな、と思いました。

中間部の面積は計算していません、適当です。

EDFに付属のリップリングは撤去し、インテークダクトと面一にしました。

 

202003081337481

静止推力を測定しました。

P1030819

980g

EDFは FMS 64mm EDF KV3900 です。4S時の公証推力は 1150g 

15%ほど落ちています。

全備重量 約1100g なので、推力は約90%。

排気中の有害な胴体投影面積、胴体粘性、推力偏向もあるので、もう少し落ちるかも。

 

 

2020年3月23日 (月)

COANDA1910 No2改 飛ばしに行けないので------

というわけで、コロナのせいで、短くても一か月ぐらいは飛ばしに行けそうもありません。で、自作機の中で、まだ飛んでいない、あるいは満足する結果が出ていない(飛ばなかったではない)機体が数機あるので、これを何とか飛ぶようにしたいと思います。

2020/03/01

約1年前、COANDA1910は 、一度しか離陸着陸を成功させていません。その時は機首部のカウルなし、EDFむき出しだったので、今回はカウル付き(補助吸気穴無し)をトライしたいと思います。

201901141149552

 棚から降ろしてみたら、埃だらけ。でも状態は良さそうです。

まず、機首カウルの型を作りました。エポキシ+ガラスクロスを巻いて作ります。

P1030817

1号機でも同様のカウルは作ったのですが、ダクトの有効断面積など考慮せず、かっこよく作っただけだっので、推力でませんでした。

今回は、図面も書きました。

2019年2月17日 (日)

静止推力はあるんだけど

エンジンカウルを実機らしく作り直しました。edfを50φ×2としました。

やっと、今回プロジェクトの最終形態までたどり着きました。しかし、

静止推力は全備重量の90パーセントあるのですが、飛びませんでした。
Coanda1910_20190217l
動画はここ
カウル内のダクト形状を考え直してみよう。

2019年2月15日 (金)

COANDA1910 もっとスケール機らしく

前回はEDF50φと64φのタンデム配置型で、一応飛びましたが、カウル部に実機にはない、大きな穴が開いていましたので、今回は50φ×2台のタンデム配置にしてみました。

静止推力を測ってみました。
Photo
測定値は1.2Kg程で、全備重量とほぼ同じ。
ちょっと信じられませんが、これなら飛びそうです。
何年もかかって、これが飛んだら、いままで何やってた!! 
なんかアホみたいですが、飛んでほしいですね。

2019年1月23日 (水)

COANDA1910 最終型

COANDA1910 カウルを取り付けた、最終形での飛行テストを行いました。

P1030388l
動画はこちら
カウルを取り付けると、推力が減るので、EDFを縦に並べる配置を試してみました。

2019年1月 6日 (日)

COANDA 1910 試験飛行02

やっと飛びました、が

201901051030502  
いろいろ問題が見えてきました。その原因と対策をこれから練っていこうと思います。
動画は ここ
1 頭上げの姿勢---原因は水平尾翼の揚力不足と思われます。水平尾翼の面積を広げてみようと思います。主翼の迎角も再検討。
2 ロール軸が揺れる---風が吹いていたので、それでか、と思っていましたが、ジャイロ感度の設定を見直してみようと思います。
3 EDFの回転がいまいち低いように感じる----離陸直後、追い風になると、高度が下がってしまいます。ESCの設定を確認してみようと思います。
4 本当に揚力尾翼で飛んでいるか----水平飛行時に水平尾翼がダウン方向になっているので、そうではないかと、思う。
 次回までに補修しよう。

2019年1月 2日 (水)

COANDA 1910 試験飛行

とりあえず、離陸できるかテストしてみました。

P1030326l
動画はここ
離陸滑走中に頭を突いて壊れましたが、現場で修理して、再度試みました。
一応、離陸はできましたが、操縦方法の再検討が必要になりました。
 先は長そうです。

2018年12月 9日 (日)

COANDA 1910 試験機製作4

水平尾翼付けました。

P1030317l
つけた後では面倒なので、リンケージも。
P1030316l
とりあえず、15度下がったところをニュートラル位置としました。
通常のアップ位置には胴体にあたってしまうので、動作できません。
 揚力尾翼式で(よくわかっていないのに)トライすることになってしまいましたネ。
後戻りできません。
 主翼側の迎角で、ピッチを調整することになるんじゃないかと思います。

2018年12月 8日 (土)

COANDA 1910 試験機製作3

もう少しで機体完成

P1030310
*
P1030312_2
*
P1030314
 あとは水平尾翼が残っています。実機は水平尾翼として使わず固定式のようですが、本機ではエレベータとして使用するので、平でオールフライングにするが、後縁を可動式にして、揚力尾翼みたい使うか、決めなくては。
 あすも一日製作するので、水平尾翼までは取り付けておきたいと思います。
 問題点をいくつか見つけました。一番なのは、主翼の剛性が不足していることですね。両面カーボン張って補強するか、張線で対処するか迷うところですね。
 リンケージ、サーボの取り付け、配線等、電装など先が長いです。

より以前の記事一覧

フォト

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ