カテゴリー「coanda 1910」の記事

2017年4月26日 (水)

coanda1910 v.2 主翼 塗装前

ここまで出来ました。

P1020653
支柱接続部材(カーボンt=1)、張り線接続ブロック、サーボ設置ブロック等 取付がおわり、塗装工程に入ります。
エポキシ塗った後に張っていたフィルムが剥がれてしまったところがあるので、ジェッソを一回塗ってから、色塗りします。
実機の塗装色は、不明です。あちこち資料を探してみると、赤っぽい材木の薄いのが(合板?)張ってあったみたいです。
赤い材木といえば、茶色ぽいチーク材ですかね。でも、1910年、パリの第2回国際航空博覧会で展示もされていたので、もっと赤い派手な色だったような気がします。

2017年4月13日 (木)

COANDA1910 主翼仮組

部品点数が多い(42ピース)ので、気合いの維持が大変でしたが、上葉、下葉とも、仮組み出来ました。

P1020640
前回より翼弦を少し大きくしましたが、かなり大きく見えます。
後は接着、成形、クロス張り、塗装、固定部品の取付と進みます。
 今日 一宮FUNFUNに行ってきましたが、カーボン丸棒が予定数量手に入りませんでした。最近は自作する人、少ないのかも。

2017年4月12日 (水)

COANDA1910 主翼 再製作

構造は前回と同じ、リブはバルサ、その間に翼型に加工した発泡スチロールを挟み込み、カーボン丸棒をカンザシにします。

P1020639
手前が新しい下葉。前回と幅はおなじですが、翼型を下面の少し凹んだ、グライダー用の翼型に変更、翼弦を20mm程大きくしました。

2017年4月11日 (火)

coanda1910 再挑戦

作ったのに飛んでいない、飛ばなかった飛行機がいくつかあります。その中でも、全然飛ぶ様子の無かったcoanda1910に手を入れることにしました。

主翼 上下は翼型を変更して再製作。edfの取付、カウルの変更などを試してみるつもりです。
P1010444
さようなら
P1010445
edfの取付方法変更

2016年3月12日 (土)

coanda1910 初飛行 トライ! でも

EDFのインテーク形状を変更してのトライでしたが、残念ながら推力不足は解消出来ませんでした。動画はこちら https://youtu.be/d1LCdZnC9qo 撮影M氏 THUNKS!
P1020184s

試験飛行するには、少し風が強すぎましたね。バッテリーの充電も失敗していました。次回は気を付けましょう。

2016年3月11日 (金)

coanda1910 90φEDF 不採用

90φEDFを4Sで回す案は不採用となりました。EDF単体では、静止推力1.7Kgほど出たので、まあまあでしたが、カウルを付けると、インテーク側の供給が不足して、空回りの状態(*追記参照)になってしまいました。最終的に既存のEDFを新しいサイズを大きくしたカウルに取り付けることになりました。
P1010183

こんな感じ。動画で見たリメイク機によく似ています。スケールに近いサイズにしたかったんですが、ラジコン機は飛べないとね。近日中にテストフライトの予定です。
追記 空回りではなく、バッテリーの電圧降下が原因でした。

2016年2月 2日 (火)

割らずに離型出来た

いつも離型の際、出来た部品を割っていましたが、型の二次平面部分にポリエステルフィルムを巻けば、割らずに抜けるのではないかと、やってみました。

P1020116
やはり、最初は上下の部分でくっついてとれませんでしたが、着色した水を型との隙間に流し込み、くっついているところを見つけ出し、剥がしました。ポリエステルフィルムの部分は簡単に剥がれましたので、30分ほどの作業で、見事、割らずに離型出来ました。

2016年2月 1日 (月)

新型カウル 再製作 他

○Coandaプロジェクト

やはり 使い物になりませんでした。で、再トライ。
P1020113
使う予定のEDFのシュラウドは樹脂製で柔らかいので、高速回転時に変形してブレードと接触しそうです。補強のつもりで、カーボンを捲きました。効果有るといいんですが。
下にあるのはホットプレート。ビニール袋をかぶせて保温。冬はこれに限る。
 
○Sbachフライングテール化プロジェクト
P1020114
エレベータホーン作りました。仮組みしてみましたが、どうやって水平尾翼に固定しましょうか。 思案??

2016年1月31日 (日)

新型カウル 失敗

製作開始しました。

グラスクロス厚めと薄くて伸び縮みしない薄手のものと計2枚をエポキシで貼り付けました。さらに二次平面の部分にポリエステルフィルムを貼り付け、バギング袋に入れて、24時間。このようになりました。
P10201101
円柱形のものをバギングはさすがに難しく、大きな非光沢の穴が沢山出来てしまいました。
P10201091
光沢表面で仕上げる必要はなかったので、余分なことをしてしまいましたね。
型から外す前に表面を仕上たようが良さそうです。

2016年1月19日 (火)

カウル 新型完成

 90φEDF用カウルの型が完成しました。

P10200581_2
前回に比べると、とても大きい感じ。ガラスクロス+エポキシ+カーボンで製作予定。
インテークが大きくなったので、既設の68φEDFを前方に寄せても推力アップ出来るかもしれない。

より以前の記事一覧

フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ