カテゴリー「coanda 1910」の記事

2019年2月17日 (日)

静止推力はあるんだけど

エンジンカウルを実機らしく作り直しました。edfを50φ×2としました。

やっと、今回プロジェクトの最終形態までたどり着きました。しかし、

静止推力は全備重量の90パーセントあるのですが、飛びませんでした。
Coanda1910_20190217l
動画はここ
カウル内のダクト形状を考え直してみよう。

2019年2月15日 (金)

COANDA1910 もっとスケール機らしく

前回はEDF50φと64φのタンデム配置型で、一応飛びましたが、カウル部に実機にはない、大きな穴が開いていましたので、今回は50φ×2台のタンデム配置にしてみました。

静止推力を測ってみました。
Photo
測定値は1.2Kg程で、全備重量とほぼ同じ。
ちょっと信じられませんが、これなら飛びそうです。
何年もかかって、これが飛んだら、いままで何やってた!! 
なんかアホみたいですが、飛んでほしいですね。

2019年1月23日 (水)

COANDA1910 最終型

COANDA1910 カウルを取り付けた、最終形での飛行テストを行いました。

P1030388l
動画はこちら
カウルを取り付けると、推力が減るので、EDFを縦に並べる配置を試してみました。

2019年1月 6日 (日)

COANDA 1910 試験飛行02

やっと飛びました、が

201901051030502  
いろいろ問題が見えてきました。その原因と対策をこれから練っていこうと思います。
動画は ここ
1 頭上げの姿勢---原因は水平尾翼の揚力不足と思われます。水平尾翼の面積を広げてみようと思います。主翼の迎角も再検討。
2 ロール軸が揺れる---風が吹いていたので、それでか、と思っていましたが、ジャイロ感度の設定を見直してみようと思います。
3 EDFの回転がいまいち低いように感じる----離陸直後、追い風になると、高度が下がってしまいます。ESCの設定を確認してみようと思います。
4 本当に揚力尾翼で飛んでいるか----水平飛行時に水平尾翼がダウン方向になっているので、そうではないかと、思う。
 次回までに補修しよう。

2019年1月 2日 (水)

COANDA 1910 試験飛行

とりあえず、離陸できるかテストしてみました。

P1030326l
動画はここ
離陸滑走中に頭を突いて壊れましたが、現場で修理して、再度試みました。
一応、離陸はできましたが、操縦方法の再検討が必要になりました。
 先は長そうです。

2018年12月 9日 (日)

COANDA 1910 試験機製作4

水平尾翼付けました。

P1030317l
つけた後では面倒なので、リンケージも。
P1030316l
とりあえず、15度下がったところをニュートラル位置としました。
通常のアップ位置には胴体にあたってしまうので、動作できません。
 揚力尾翼式で(よくわかっていないのに)トライすることになってしまいましたネ。
後戻りできません。
 主翼側の迎角で、ピッチを調整することになるんじゃないかと思います。

2018年12月 8日 (土)

COANDA 1910 試験機製作3

もう少しで機体完成

P1030310
*
P1030312_2
*
P1030314
 あとは水平尾翼が残っています。実機は水平尾翼として使わず固定式のようですが、本機ではエレベータとして使用するので、平でオールフライングにするが、後縁を可動式にして、揚力尾翼みたい使うか、決めなくては。
 あすも一日製作するので、水平尾翼までは取り付けておきたいと思います。
 問題点をいくつか見つけました。一番なのは、主翼の剛性が不足していることですね。両面カーボン張って補強するか、張線で対処するか迷うところですね。
 リンケージ、サーボの取り付け、配線等、電装など先が長いです。

2018年12月 6日 (木)

COANDA 1910 試験機製作2

全幅1mほどの機体ですが、運搬のため、主翼を外せる構造に設計しました。

やっとここまでできました。
P1030305
主翼を仮置きしてみました。
P1030306
全体の感じが見えてきました。
下翼にはソリとギアがつくので、上翼とは異なる構造になるんですが、
Coanda1910_hanako
ちょっと難しい。

2018年11月26日 (月)

COANDA 1910 試験機製作1

飛ばなかった1号機は、推力の損失と、揚力尾翼の知識がなかったので、失敗しました。今回は、まず、推力があれば飛ぶ機体を作ってみようと思います。

P1030304  
スチロール板で、試験機を作ります。
 この赤いスチロール板はなぜか、ずいぶん昔からあります。実は最初の計画で、試験機を作るつもりで用意してあったものです。 いきなりこんな難しい機体は無理でしたね。

2018年11月22日 (木)

COANDA 1910 製作 再起動

B-17が一応飛んだので、まだ手を入れたいところは沢山ありますが、一応プロジェクトを終了とします。

次のプロジェクトは2014/03から初めて、4年半。まだ飛んでいない(3mは飛んでいる)COANDA1910プロジェクトを再開します。
Coanda0712
これは1作目の機体(2014/06 RSF飛行場にて)。現在は2機目の製作途中からの開始です。
1作目の機体はきれいにできたんですが、重かった。簡略化できるところはして、重量に注意ながら進めたいと思っています。

より以前の記事一覧

フォト

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ