カテゴリー「F-35」の記事

2017年6月11日 (日)

X-35 3回目の飛行

ピッチのベクトルスラストを追加しました。

前回より短い距離で離陸出来ました。
X35_03
最初の旋回で、飛行エリアの関係で、旋回を焦ってバンクを付けすぎたので、少し戻したのですが、機体の姿勢を見誤って、水平になっているのを気が付かずにアップを引き続けていました。そして、失速。
さすがベクトルスラスト、ピッチが水平になりかけたのですが、地面が先に来てしまいました。
破損はギアのみ。また、トライします。
動画はここ

2017年5月23日 (火)

X-35 修理

いわゆる手裏剣着陸になってしまったので、両翼端、機首など、あちこち壊れました。単純に割れたところは接着剤で、修理出来ますが、発泡スチロールが圧縮されたところは直りません。悪い部分を切り取って、スチロールを貼り付けます。

P1020667l
あとは、360度部ベクターに取替ですが、本日ラジコン1に発注しました。入手までしばらく手が出せません。
 ネットを見ていたら、この機体、昨年、販売されていたみたいですね(確証ありません)。機体(WINDRIDER製)のみの販売なので、新規購入しても良いかなと、思いましたが、現在は在庫無いようです。

2017年5月21日 (日)

X-35 2回目の飛行

動画撮影のため、2回目の飛行にトライしました。

X35_02
結果は
動画はこちら
着陸時の大暴れは、機首コックピット内に取り付けたジャイロに有りそうです。何回か機首がもげているので、剛性がなくなり機体の動きとジャイロの動作に差が出ているようです。次回はジャイロを機体重心近くに移設します。
離陸滑走距離が長い問題は、ノーズギアを少し高くして、滑走時の迎角を付けること、ピッチ方向のベクタースラストを稼働させること、主翼の前縁を下げて揚力を増やす、等の方法を試してみたいと思います。

2017年5月14日 (日)

X-35 初飛行

機体を購入したのが、2011年。高山の飛行場で、初フライト トライしましたが離陸直後にロールして、破損。それから6年足ってからの初飛行、やっと成功しました。

P1010465
最初は浮き上がらなかったので、2回目はフラップを下げてトライしました。主翼前縁の一部を下げて疑似ねじり下げにしています。効果はあったみたいです。
何回も修理しているので、少しみっともないですね。あと、重心を少し前に移動したいと思っています。
動画はこちら。rikiさん 撮影有難うございました。

2017年4月23日 (日)

X-35 初飛行 トライしましたが

既設のEDFで、草地での滑走を試みましたが、離陸速度出来るような速度には達しなかったので、EDFを交換しました。

P1010449
これを
P1010451
これに。
で、離陸を試みたのですが、地面を離れることなく、荒れ地に突っ込み、主脚を破損しました。
何故離陸しないのか、よーくみたら、主脚の前後位置が、重心(●シール)から離れています。
P1010452
なんでこんな間違いをしたのか考えてみると、前回離陸出来たという自信が、チェックをあまくしたんですね。反省。

2017年4月 3日 (月)

X-35 再び トライ!

捜し物していたら、引込脚のセットを発見。

P1010431
何故ここにあるのか解らないんですが、発泡のX-35にピッタリ。で、飛んだことのないX-35を[再び飛ばそう]プロジェクト開始です。
度重なる離陸失敗で、機首あたりはかなりの損傷。あちこちつぎはぎして、成形すると、新たに発泡のツブレを発見。ちっとも終わりません。
P1010440  
接着剤が固まる間に、電装を。
サーボは使えそうだし、EDFは回るし、これは行けそうだと期待が膨らみましたが、本ブログの過去記事を見たら、静止推力が不足と書いてあり、EDFの交換もしなくてはいけないかも。

2012年9月24日 (月)

静止推力測定

1年ほど前に購入、一度も飛んでいない、壊れたF-35を修理しました。
機首部分がひどく壊れて、発泡スチロールをつぎはぎしました。
飛ばなかった原因を調査するべく、まず静止推力を計ってみました。

P10203151

なんと800gしかない。これでは きっと駄目なような気がするので、何とか、1000g以上にしたいなぁ。

2012年1月28日 (土)

初飛行トライ2

本日、再びF-35トライしましたが、ダメでした。
飛び方を見ていると
①推力が不足している。--850gしかない。底部の点検口を開けた状態で+100g
②ラダーが効いていない---初速の低い手投げ発進では、ちょっと無理かも。

というわけで、
対策①--吸気口を別途、設ける。
対策②--ベクトルラダーにジャイロを取り付ける。

次回は上記の対策を講じた上で、テストを行います。

2012年1月27日 (金)

初飛行トライ

先週の日曜日、朝一番に初飛行トライしました。結果はNG。エルロンにジャイロ付けているのに右へ傾き、草むらへブッシュ。
重心が後ろすぎて大迎角での失速だと判断、重心を前方に変更しましたが、直らず、数回投げている内に機首がもげてアウトとなりました。

P10105361
帰ってからあちこち見ていたら、なんと、ラダーベクトルがやや右に向いているではありませんか。早く気が付くべきでした。

2011年12月 4日 (日)

EDF取付

EDFの回りに捲いたスポンジの分だけ、本体の取付部分を拡張しました。

こんな感じです。

P10103822

点検ハッチを閉めて、回してみましたが、騒音低減の効果があるようです。

ELV,LDRスラストノズルも取り付けましたが、リンケージが大変そう。

より以前の記事一覧

フォト

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ