カテゴリー「Sbach」の記事

2017年3月20日 (月)

SBACHのスパッツ修理

赤い雷マークはフィルムなので、写真で型どり、はがして、STIKAで再製作しました。塗料は水性スプレー。

P1020612
赤いシートがなかったので、オラカバで製作。STIKAで切れたぁ!!
P1020614
修復終了!

2017年3月17日 (金)

RC 復帰

正月から多忙を極め、RCはさっぱりでしたが、一連の作業が終了し、RCを再開します。

最初は SBACHのスパッツの修理から
P1020610
割れたりしたところを補修して、再塗装しようと、ペーパーで削っていたら、バリッ!!!!
ガラスクロスで、補強です。

2017年2月 5日 (日)

焼損モーターのまき直し

急に仕事が忙しくなって、飛行機の製作は一時中止になっています。

今日は半日あいたので、焼けたモーターのまき直しをしました。
P1020522
細いエナメル線2m×15本を三回路巻きました。テスターで、チェックしたら、なんと2線がステーターに接地。
どうやら、絶縁用のベーク板に亀裂があり、そこに巻線が食い込み、接触した模様。
今月いっぱい忙しいので、次はいつになるやら。
 1mmのベークを探しておこう。

2016年11月30日 (水)

機体の修復

飛行中の思いがけないモーターの焼損で、充分安全な着陸出来る状態だったのに、慌ててしまいました。結果、ギア取付部分を破損してしまいましたので、修復開始です。

 何故か、仕事が忙しいので、[頭休め]の時間に少しづつ作業を進めていきます。
現状は
P1020454
瞬間接着剤がなかなか固まりません。古くなったか、寒いせいかな。促進剤を吹き付けてもなかなか固まりません?
成形後フィルム張りですが、あれ!、フィルムの在庫がない。
一宮FUNFUNに買いに行くまで、作業停止か。

2016年11月28日 (月)

代替モーター 到着!

燃やしてしまった、HK-4015モーターのまき直しする計画で、エナメル線手に入れたのですが、最近、仕事が忙しくて、なかなか巻けないでいたら、先に代替モーターHK3-4020が入手出来てしまいました。
P1020451

 KV値が740から890KVに上がってしまったので、プロペラの選定をしなくてはいけませんね。重量は重くなりましたが、もともとテールヘビーで、重りが沢山付いていますので、これで重心合わせれば、全備重量の変化はあまり無いと思います。
 外形がほんの少し大きくなっているバズでしたが、干渉無しで、取り付けることが出来ました。ただ、ベルト調整の位置が80度ほどずれてしまったのが不可解。
 仕事終わらせて、早く飛ばしたい。
 

2016年11月15日 (火)

コイルをバラしてみたけれど

コイルをばらしました。巻数、巻方向など、注意してバラしましたが、あちこち断線していて(あるいはちぎれて)どうも、よくわからん。

P1020444l
全12極(コイル)で3個に1個のコイル(計4個)を直列に接続してあるみたいだが、ちょっと心配なので、類例を探してみよう。

簡単に抜けた

ローターに発生した力を回転軸に伝える重要な部分なので、相当頑丈になっていると思ったら、ハンマーでコンコンとたたいたら抜けました。

P1020437
焼きバメか、あるいは見えないところにピンが、あるいはスプラインが切ってあるのではないかと、いろいろ想像していましたが、どうやら、回り止めの方法は接着剤のよう。ローター側に0.8mm程の溝が切ってあり、その両側に接着剤らしき物があります。
 さて次はコイルの巻き戻しです。巻き方はあまり単純ではなさそう。慎重に慎重に。

2016年11月13日 (日)

焼損モーターの解体

バラしてみましたが、

P1020363
真っ黒になっています。エナメルが燃え出す前にリード線部でショートしたためにアンプの保護が効いたようです(logにも記録されていました)。
さて、解体はここでストップ。鉄心とケースの外し方が解りません。焼きバメ?たたき込み?
エナメル線は直径0.25mm(実測値)1束12本でデルタ結線してあるようにみえました。
さあ、困りました。

駆動系をリダクションユニットに変えました、でも。

6セルモーターであることをすっかり忘れていて、変更後の初飛行で、8セルの電圧をかけてしまいました。当然、素晴らしい上昇力、安定性、しっかり堪能しましたが、突然煙が。

P1020349
ESCのログデータを見ると、130A、規格の二倍流してしまいました。当然、焼けてしまいますね。
メーカーさんにモーターを手配しましたが、・・・・・。今後の入荷予定も無いので、「残念ですが・・・・」、とのこと。
代替モーターを探してみましたが、4015で470KVクラスは有りませんね。
うむむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そうだ!!自分で巻いてみよう!! と思ったけれど、ノウハウ0。
とりあえず、解体して、巻数、巻方向のチェックしてみよう!!

2016年10月16日 (日)

エレベータ ホーン取替

エレベータの効きがニュートラル前後できついので、エクスポーネンシャルを設定して緩やかにしたんですが、設定値が相当大きいので、メカニカルの方でも対処するようにしました。

モーメント長30mmを60mmに変更しました。
変更前
P1010390
変更後
P1010394
これで、ニュートラル付近のピッチ軸が安定するといいんですが。
フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ