カテゴリー「Wind S 50E」の記事

2017年3月27日 (月)

mithos 50e ギア破損

久しぶりに飛ばして参りました。

着陸コースを誤り、滑走路端に開いている穴に着陸。脚は穴の中に、胴体はかろうじて、穴を通り越して、胴体着陸してしまいました。少しお休みが続いた後はよくこういう事が起こるので、注意していたのですが。
 で、早速修理です。
脚の取付はもともと胴体に差し込んで、取付板の上側にビスで固定する方法でしたが、修理しにくいので、下面に取り付ける方法に改造されています。
破損した取付板は二枚の胴枠の間に取付板の爪の部分を差し込む方法で、取り付けられているので、新製の取付板をはめることが出来ません。そこで、2mm厚ベニヤを3枚重ねる方法をとりました。一枚一枚を2分割して、接着剤と共にはめて一体としました。
 さらに、その上に爪の付いていないベニヤを貼り付けて、その上に脚を取り付けます。
P1010423
胴体も破損しました。
P1010421
胴体先端のリブを再生しなければなりません。こんな時のために実測して書いておいた、部分図が役に立ちます。
Mithos
この図面は初めて利用するので、ちょっと自信ない。切り出して、さらに現合、調整します。

2016年9月 3日 (土)

空中撮影プロジェクト test2

mithos 50e にカメラを取付、空中撮影。2回目です。

P1010358
動画はこちら
別の機体のキャノピーを取り付けました。--若干、空気抵抗が少なくなった感じです。が、p-17パターン最後まで電力不足で飛ばせませんでした。
カメラの首振りサーボの速度を少し速くしました。--少し、見にくくなりました。でも、F3A p-17パターン spin後の垂直降下はなかなか良いと思う。
次回は、カメラの取付場所を変えてみようと思います。

2016年8月11日 (木)

空中撮影プロジェクト test1

とりあえず、エルロンと同じ動きで撮影してみました。

P1010345
機体形状の変化がトリムにどのような影響が出るのか、心配でしたが、多少下げ舵となりました。
カメラの動作は、エルロン右で右、左で左という具合です。サーボにはサーボスローを設定して、ゆっくり動くようにしました。
動画はここ
カメラを前方に固定した場合に比べて、地上が映る割合が増えていると思いました。ねらい通りでした。今後、ジャイロ等も使ってみたいと思っています。

2016年8月 9日 (火)

空中撮影プロジェクト開始

mithos50eに動画カメラを取り付けます。

P1010342
サーボの上にGopro session4を付ける予定ですが、約100g位になるので、ちょっと丈夫にしないと壊れそう。もっと軽いカメラを選定すべきだったかな。
 前方の少し小さいキャノピーは、撮影用。
一番問題は、サーボの動作。エルロン左で左へ、右で右へ、エレベータアップで後ろへ動くようにしたいと思っていますが、どんな絵が撮れるのかわからない。又、その方法が難しい。ジャイロのヘッドロックモード、Vテールミキサー、サーボスローユニット、Pミキシングとか使えば何とかなるんじゃないだろうか。

2016年4月17日 (日)

Mythos 125E 入手しました

ひょんな事から、Mythos125Eを手に入れました。早速、50プロダクトの110用リダクションユニットを購入。予想通り、モータースペースが狭すぎて入りません。で、防火壁を新作することに。 
 でも、あちこち寸法計っていたら、前部を切り取ってそれを後方にはめることが出来そうだったので、やってみました。

P1020207
簡単に、かつスラスト角を失わない良い方法だと思います。リダクションユニットを置いてみました。
P1020204
うまくいきそうです。

2016年3月 6日 (日)

またまた、大失敗。

朝一番の飛行は気を付けないと。バッテリー警報が出たので、演技を中止して、着陸コースに入ったのですが、スロットルを下げているにもかかわらず、送信機のバイブレーションが止まりません。結局、モーターは止まったままで、滑走路まで持って来れず、草原に不時着。脚がとれてしまいました。

 今日、補修を始めたのですが、破損は脚だけではなく、主翼後縁位置の胴体リブがバキバキに。
P1010178
 手が届かない位置なので、開腹手術となりました。

2016年2月 2日 (火)

リダクションユニット 到着

ちょっとしたミスで、壊してしまったリダクションユニットをだましだまし使っていましたが、旧に音が大きくなったので、よーく見たら、大変なことになっていまして、即、使用中止して、前使っていたモーターで飛ばしていました。本日、あたらしいリダクションユニットが到着、早速取り付けました。

P1020119
上は、リダクション用自作マウント。
P1020120
取付完了!

2016年1月28日 (木)

MythoS 50E カナード追加

カナード完成、取り付けしました。
L1_1

前回同様、発泡スチロール、熱線カット。グラス+エポキシ直張り。サーフェーサーはジェッソ。塗色はラッカースプレーです。前回より少し大きめに作りました。
 飛行テストの結果、ループがきれいに見えました。最近、スランプに陥っているので、これをきっかけに脱出出来るといいんですが。

2016年1月25日 (月)

カナード製作

勝手に命名、「denden canard」作り始めました。まず最初に発泡スチロールから熱線で切り出し、ペーパーで形を整えたところが下の写真。

P10200741
この後、ガラスクロスとエポキシで表面を覆います。

2016年1月24日 (日)

ループがきれいに描けない

最近の飛行、少し調子が悪い。ループがきれいに描けないのです。

で、昨年失ったwinds50eに付いていた、カナード翼をMythoS50eにも取り付けることにしました。本日はサーボの取付まで。
P10200721
完成時は、こんな感じになるはず。
P10200711
次回の飛行までには取り付けたい。
フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ