カテゴリー「X-31」の記事

2016年5月 3日 (火)

3パドル、ベクトル定性試験

手持ちのedfに取り付けて、動作試験をおこないました。

P1010220s
動画はこちら (説得力が不足しています)
構成は、EDF、排気チューブ、3パドル。パドル一台にELVERTORとRUDDERからプログラムミキシングを掛けています。合計6個のP.MIXを使いました。
試験は本体をPPロープでぶら下げるという簡易なものなので、上下左右の動作は確認しましたが、斜め方向の動作の量的なものがよくわかりませんでした。もう少し、きちんとした測定方法を考えたいと思います。
 注意。バトルが機体外部へ突き出しているので、ぶつけて破損しやすいですね。サーボのギアを欠けさせてしまいました。
 排気絞りのテストもしたかったんですが、これは次回行います。

2016年4月30日 (土)

three thrust vectoring paddles 本体出来た!!

いつもいくつかのプロジェクトが並列して動いているので、時折、すっかり忘れている事もあります。前回のx-31関連記事に書き込みがあったので、このプロジェクトを思い出しました。

 思い出しただけではいけないので、一歩前進させました。
P1010214
ベクトル実験用の機器です。これをピッチ・ヨー軸をフリーな状態にして、パドルの動作方法を探ります。

2016年3月30日 (水)

RC X-31 チャンネル配分

必要なチャンネルを考えてみました。

Ch.1  左エルロン
Ch.2 右エルロン
Ch.3 スロットル
Ch.4 エレベータ
Ch.5 カナード
Ch.6 ラダー
Ch.7 ギア
Ch.8 排気パドル上
Ch.9 排気パドル左下
Ch.10 排気パドル右下
Ch.11 エルロンジャイロ感度
Ch.12 カナードジャイロモード切替
Ch.13
Ch.14
561pxx31_demonstrating_high_angle_o
                                         注、エレボンはジャイロでミキシング
プログラムミキシングは
カナード関係 1
フラップ関係 1
排気パドル  6
排気絞り   3
ええ! 出来ないじゃん!!

2016年3月27日 (日)

three thrust vectoring paddles 考察

あまり細かいことを考えていても先に進まないので、筒状の全周ベクトルに置き換えて考えてみた。

ニュートラル位置から各方向へ10mm移動した場合を近似的に書いてみた。

Paddle01

黒色がニュートラル位置、赤色が移動した位置。
上下はともかく、左右への移動は複雑になるかと思っていたが、以外と簡単。でも、実際にはパドルの間をすり抜けていく気流もあるので、推力ベクトルがどちらに向くかは正確にはわからない。実験装置を作って実際にやってみようと思う。
 もう一つ。全てのパドルを閉めると、排気を絞り込むことが可能。これも実験したい。

2016年3月25日 (金)

新プロジェクト X-31開始!

まだ機体の図面は書いていません。一番メインな目的は、パドルによるベクトル制御であります。

機体の製作は、そこそこメドが付きますが、3枚のパドル(three thrust vectoring paddles)で360度ベクトルはやったことがないので、出来るかなぁー。
P1010193
最初に理論から入りたいと思いますが、最後は現物で調整ということになるかもしれません。
現状、どうやって制御したら良いのか、皆目わからず。
フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ